iPhone7ケースを購入するときや使用するときの注意点

iPhone7を購入する際、一緒にケースを購入する人も少なくないでしょう。iPhone7のケースは、本体を保護するだけでなく、自分好みの個性を主張するツールとしても広く利用されています。またiPhoneはリセールバリューが高いため、本体を綺麗に保つことで後々の下取り価格を上げ、買い替えをスムーズに進めることができます。街には様々なケースが売られており、素材も形も価格も様々です。家電量販店に行けば棚いっぱいにケースが販売されています。しかし、ケースの選び方や使い方を誤ってしまうと、様々な弊害が出てしまう場合があります。今回はiPhone7ケースを購入するときや使用するときの注意点をまとめました。iPhone7を利用する際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

ケースを購入する際の注意点について

数多く販売されているiPhone7ケースですが、購入する際には以下の点に注意する必要があります。・電波の干渉が起こらないか金属やカーボンのような導通性の高い素材のケースの場合、電波の干渉が起こらないかどうかに気をつける必要があります。iPhone7の場合、背面の上下の端にアンテナがあります。その部分を導通性の高い素材で覆うと、電波干渉が起こり、電波の入りが悪くなる場合があります。可能な限りプラスティックやゴムなど、導通性低い素材か、メーカーが電波干渉の保障をしているケースを選びましょう。・iPhone7用専用ケースを選ぶiPhone7とiPhone6sはサイズが一緒ですが、カメラの位置など細かな仕様が異なっております。そのためiPhone6s用のケースも一見使えるように見えますが、カメラレンズ部分が隠れてカメラが利用できないという事態に陥ってしまいます。きちんとiPhone7専用のケースを選びましょう。

ケースを使用中の注意点について

iPhone7ケースを実際に購入して、使用する際には以下の点に注意が必要です。・ケースの磁気に注意手帳型のケースの場合、フラップの部分に磁石が入っている場合があります。そのような磁気部分にキャッシュカードなどを近づけると、カード情報が消えてしまう可能性があります。手帳型ケースの場合、どの部分に磁石が含まれているのかを把握して利用する必要があります。・ケースの欠けや破損に注意プラスティックケースの場合、利用していると欠けや破損してしまう場合があります。しかしそのまま利用していると、欠けた部分がガラス面に当たり、ヒビが入ってしまう可能性があります。ケースは正しい状態で利用し、欠けなどの破損が確認されたら直ちに外しましょう。・風呂での使用の注意点iPhone7は防水のため、風呂や水場で利用する方も多いかと思います。しかしケースを装着している場合、背面とケースの間に水が溜まり、乾かない可能性があります。iPhone7はキャップレスのため、完全に乾いていないと充電ができません。風呂などで使用後は、ケースを外して乾きやすい状態にしましょう。