iPhone7ケースの色々な種類などをご紹介します

大切なデバイスを落下や衝突から守るために、多くのユーザーは、iPhone7をケースに入れて保護しながら使用しています。特にiPhoneは、世界を相手にしたグローバルな展開をしている事からも、世界中のメーカーから、さまざまな種類のケースが販売されています。価格の面では、徹底的なコストダウンを図った低価格なものから、世界的な機関の安全基準を満たした高級品まで、デザインの面では、保護のみに特化したシンプルなカバーから、デバイス本体だけでは不可能な機能を拡張するものまで、数え切れないほどの製品が存在しています。しかし、あまりにも種類が多い故に、どれにしようか迷ってしまうユーザーも少なくありません。今回は、その中でも代表的なiPhone7ケースについて、ご紹介します。

いちばん普及している質実剛健なTPUケース

iPhone7ケースの中でも、いちばん普及しているのがTPUケースで、そのシンプルな構造から、カバーと呼ばれる事もあります。TPUとは、熱可塑性ポリウレタンの事で、シリコンのような柔軟性を持ちながらも、硬質ゴムのような強度を持っています。手に触れると適度なグリップ感があり、デバイスが手から滑り落ちるのを防止してくれます。主に、デバイスの背面やサイドフレームをTPUのクッション性により、落下や衝撃から守ってくれます。唯一の欠点は、液晶画面が剥き出しとなる事ですが、これは液晶保護フィルムを貼ることでカバーすることになります。それ以上に、ケースのシンプルさと、取り出して直ぐにタッチパネルの操作をする利便性の方が重視されています。何よりTPUケースのメリットは、比較的価格が安価な事と、商品の種類が豊富にある事です。

デバイスの機能を拡張する手帳型ケース

上述のように、TPUケースの欠点は液晶画面が剥き出しになることですが、手帳型ケースでは、液晶画面もカバーするため、その問題は解決します。また、カバーを折り畳んで横から見て三角形を構成する事でスマートフォンスタンドの役割を果たし、iPhone7をデスクの上に置いて、ハンズフリーで画像や映像を楽しんだり、ビジネス分野でも、資料を表示してプレゼンテーションする等の目的にも使用できます。また、ポケットが付いており、財布としても使えたり、定期券、交通系プリペイドカード、電子マネーのカードなどを入れて利用できる製品もあります。このように、デバイスを保護するだけではなく、単独では不可能な機能を拡張する製品が存在するのも、数あるiPhone7ケースの中でも、手帳型ケースの面白いところです。