iPhone7ケースの正しい良い選び方を解説します

iPhone7の本体は以前に比べて薄くなっており、その分落としたときの衝撃がかなりのものになります。そのため、以前より画面が割れて困っているという人が増えています。交換するとなると数万円かかるため、なるべく割らないようにすることを誰もが心がけます。そうした時に必要となるのがiPhone7ケースです。イヤホンジャックがなくなったり、上下にスピーカーがついたりするなど改良がなされたことで、そのケースも進化を遂げています。端末のデザインをよりきれいに見せるものや実用的な手帳形カバーなど、それぞれにはメリットやデメリットもあります。そして、一番困ることとは何かなど、優先順位をしっかりと決めた上で選んでいくことが大切であり、納得したものを選ぶことができます。

最初に考慮しておきたいケースの寿命

iPhone7ケースを選ぶ上で忘れてはならないのがその寿命です。服を変えるようにケースもバンバン変える人はまだしも、できれば同じものを使っていたい、そこにはお金をかけたくないという人は寿命にこだわりを持つことも大事です。手帳型カバーの中には磁石でとめるものが存在しますが、この磁石が影響を与える可能性があります。端末には方位磁石がついており、誤作動を起こす可能性があるためです。最近ではカーナビとして使用している人もいるため、間違った道に誘導されることも考えられます。また、手帳型カバーに使われている皮が、汗などで劣化し、そのスピードが意外と速いことも言えます。そうしたことから、表面が丈夫で、磁石を使っていないものを使用することが長持ちさせるには大事です。

100円ショップでもいいものはある

iPhone7ケースにもっともこだわるのが女子高生です。ケースが豊富であることからiPhoneを選ぶ人も多く、頻繁に買い換えるという人も珍しくありません。一方で、iPhone7ケースにお金をかけず、100円ショップで済ませているという女子高生も増えています。最低限端末を守るものから、100円とは思えない可愛さのあるものまでそろっていることも要因となっています。家電量販店などで売られているものだけでなく、雑貨屋や100円ショップなどでもこうしたケースは売られており、意外な掘り出し物も隠されています。エッジだけを守るものや背面を守るものなどケースも色々ですが、それとは別にガラスフィルムを貼るなどの対策も必要であり、今までの対策よりグレードを上げることがiPhone7を持つ際には必要です。