まずはiPhone7ケースとは何か基本的なことを説明します

iPhone7は2016年9月にApple社が販売した端末であり、日本ではFeliCaの搭載により、ApplePayと呼ばれるモバイルSuicaやクレジットカード決済及び登録が新しくできるようになっています。販売しているのは、ドコモをはじめとする3大キャリアと全国にあるAppleStoreです。価格は税別7万円から9万5000円に設定しており、前機種より価格設定が低めです。端末の変更点はFeliCaの搭載だけでなく、耐水と防塵に対応開始しています。Appleは耐水と言っていますが、水中に30分ほど放置した後に電源を入れても動作確認がされたため。防水に近いと耐水と話題になっています。iPhone7の登場により、iPhone7ケースが続々と発売しているので、そちらを紹介していきましょう。

新型iPhoneケースが今までと違うポイント

日本人のiPhone所有率が世界一なのは、3大キャリアといった携帯会社が抱き合わせ販売したりiPhoneケースが他の端末より充実しているといった理由が挙げられます。人が髪型や服装を変えると印象が変わるように、iPhoneも外見を変えることによって他とは違った個性豊かな印象になります。iPhone7ケースは、iPhone6シリーズのケースに僅かな変更が施されています。それは、背面のカメラ部分の穴の位置です。位置が変わってしまったのは、iPhone7はカメラの位置とレンズサイズがiPhone6シリーズと異なるので、iPhone6シリーズのケースをiPhone7に付けるとカメラが半分ほど隠れてしまいます。前機種で使用していたケースをiPhone7に付けたい方は、カメラ部分が現れるようにカットする必要があります。

iPhone7ケースの種類とマルチな使い方

iPhone7ケースには、ソフトケースや手帳ケースといった豊富な種類のケースが用意されています。最初に紹介したソフトケースは付け替えが簡単で、ケース自体が柔らかく衝撃耐性に優れているといった利点があります。しかし、ゴム製のため使用し続けていると全体が黄ばむという難点があります。もう一方の手帳ケースは、横開きノート型のフリップスタイルカバーで全体を保護してくれます。手帳ケースの中には、3枚ほどのカードを入れられるホルダーが付いており、中にクレジットカードや運転免許証を入れることが可能です。上記で紹介した物のほか、リチウム電池が付属しているケース、タバコ用ライターと栓抜きが付いたマルチな使い方ができる新型iPhoneケースが海外で発売しているため、気になる方は通販サイトや輸入代行サービスを利用して入手します。

LINEで友達に追加するとお得な情報が送られてきます!新着スマホケースをいち早く見れるチャンスです! ゴールド・シルバーなど箔押しのメタリックプリントでiPhoneを美しくキラキラ輝かせたい女性に! JR久宝寺駅徒歩19分大阪物流センター内に支社あり サポートデスクへのお問い合わせは平日11:00~17:00。お問い合わせページからも受付も可能です。 iPhone7ケースの通販はコラボーン